小児整形外科

第1ビル 2階 小児科 もしくは 第1ビル 1階 整形外科
毎日

小児整形外科では経験豊富な医師による、診断と治療を提供しています。

  • 骨折と脱臼
  • 運動によるけが( 例)膝の関節、背中、足 (特に青年期によく見られる)
  • 骨の感染症—腕神経叢麻痺  (特に難産で生まれてきた赤ちゃんによく見られる)
  • 神経疾患による腕と肩の麻痺  (特に難産で生まれてきた赤ちゃんによく見られる)
  • あし (扁平足/内反足)
  • ひざ  (O脚/X脚)
  • 股関節(股関節の痛み、先天性股関節脱臼、結核性関節炎などのウイルス性の疾患)
  • 脊椎 (スポーツ中の肉離れによる背中の痛み/脊椎側弯症や先天性側弯症などの側弯疾患、脊椎後弯症や腰椎分離症 (疲労骨折)などの背中を曲げ続けるために発症する疾患/腰椎すべり症による背中の痛みや麻痺を引き起こす可能性のある両足の電撃痛)