Share the message

知っておきたいミャンマーでの家族の健康管理

ミャンマーで暮らす日本人のご家族へ。

           家族が病気にならないために何を心掛ければいいの?

           子どもが急に病気になったら?

健康で充実したミャンマーでの駐在生活が送れるよう、小児科医と看護師が日本語で分かりやすくお話しします。

お子様同伴可能です。

 

日 時:        2018年6月14日(木)13:30-15:00 (受付13:00時開始)

 

場 所:        Park Royal Hotel 会議室   33 Alan Pya Phaya Road, Dagon Township, Yangon 11191, Myanmar

 

講演内容(予定)         

1.  海外で健康育児を楽しもう! ~予防接種、よくある病気の初期対応、アレルギーを含む

  – 榎本 真宏 先生

2.  駐在員とその家族の健康を守るために

– 髙田 智子 氏

 

参 加 費: 無料

 

協 力:ブルーアシスタンスミャンマー株式会社
講 師:

愛仁会高槻病院 榎本 真宏 医師

神戸大学医学部博士課程修了。日本アレルギー学会専門医。日本新生児学会専門医。小児アレルギー、新生児分野の臨床専門医として第一線で活躍する一方、神戸大学医学部小児科や世界的に高名なカナダのトロント小児病院などで行なっている小児医学研究分野でも数々の表彰を受けている。

サミティヴェート病院スクムビット 髙田 智子 看護師・保健師

日本の看護師・保健師の資格を活かして同院でナースコーディネーターとして勤務中。海外に住むことで、ご自身やご家族の健康について不安なことや心配なこと、医療の違いに戸惑う時などがあるかと思いますが、お気兼ねなくご相談ください。


社会医療法人愛仁会 高槻病院

大阪府高槻市に1977年開院。病床数477床。産婦人科、小児・新生児医療に力を入れており、286グラム(24週5日)で出生した超低出生体重児を治療した実績を持つ。2016年2月にサミティヴェート病院と小児科・新生児科領域での提携を開始。サミティヴェートにおいて、診療支援や医療者研修などを推進中。

 

サミティヴェート病院(Samitivej Hospital)

1979年設立以来、東南アジア地区の私立病院として世界水準医療を提供する病院。サミティヴェート病院スクムビットでは、年間のべ14万人、一日約400人の日本人患者が受診。1999年、WHOとユニセフから赤ちゃんにやさしい病院(BFH)に認定。産婦人科・小児科の日本人受診者は特に多く、2017年度の日本人の出産件数約200件。ミャンマーにもパラミー病院内含め2軒のクリニックを開業。近年、ミャンマーからの邦人の受診が急激に増えている。


お申し込みは下記のフォームからどうぞ!

セミナー申し込みフォーム - 知っておきたいミャンマーでの家族の健康管理

18年6月14日(木)の「知っておきたいミャンマーでの家族の健康管理」のお申し込みを承っております。
  • 大人の同伴の方がいらっしゃる場合には、会場手配のため必ずご記入ください。
  • 大人の同伴の方がいらっしゃる場合には、会場手配のため必ずご記入ください。
  • 同伴される方はお子様の年齢と、人数も記してください。
  • ご質問やお問い合わせ事項などがございましたらご記入ください。
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.