Share the message

【バンコク・シラチャー】20年1月小児セミナーウィーク!

気になるこどもの健康やアレルギーについて、日本の治療の第一線で活躍する小児科の先生が分かりやすくお話しする

1月21日(火)~23日(木)の4日間です。すべてお子さんの同伴可、参加無料。

今回は、小児アレルギー専門医によるアレルギー個別相談も開催!!

日本語で正しい医療の知識を得る貴重な機会です。ぜひご参加ください。

 

1:【バンコク開催】

サミティヴェート病院スクムビット

1月21日(火)

こどもの健康を守るには~タイで気をつけたい病気や事故~
タイで幸せ育児!~医療の正しい知識を学び、外国での子育てをハッピーに~

※当セミナーは好評につき募集を締め切りました。ご了承くださいませ。

[時 間]  10:00~11:30(受付9:30~)

[講 師]  榎本 未織先生

[トピック] タイならではの気をつけたい病気や事故などのお話しです

[会 場]  サミティヴェート病院スクムビット第2ビル(産婦人科があるビル)6階講堂

[その他] お子さん同伴可能です

 

122日(水)

こどものアレルギー疾患の日本の標準的な考え方と診療

~食物アレルギー、ぜんそく、アトピーを中心に~

※当セミナーは好評につき募集を締め切りました。ご了承くださいませ。

[時 間]  10:0011:30(受付9:30~)

[講 師]  榎本 真宏先生

[トピック] 知っておきたい子どものアレルギーについて小児アレルギー専門医が分かりやすくお話しします

[会 場]  サミティヴェート病院スクムビット第2ビル(産婦人科があるビル)6階講堂

[その他] お子さん同伴可能です

 

122日(水)、123日(木)

小児アレルギー個別相談(バンコク)

※個別相談は好評につき募集を締め切りました。ご了承くださいませ。

[時 間]  1月22日(水)13:00~15:00、1月23日(木)10:00~12:00、13:00~15:00(うち一枠あたり15分間)

[担 当]  榎本 真宏先生

[トピック] 普段お子さまのアレルギーについて気になっていること、たずねてみませんか

[会 場]  サミティヴェート病院スクムビット第2ビル(産婦人科があるビル)6階講堂

[その他] 口頭相談のみで診察・薬処方はありません。先着順です。当個別相談は、お子さんの同伴は必ずしも必要ではありません。お申し込み頂いた順に時間を当方で決定し、折り返しご連絡を差し上げます。

 

2:【シラチャー開催】

1月21日(火)

こどものアレルギー疾患の日本の標準的な考え方と診療

~食物アレルギー、ぜんそく、アトピーを中心に~

[時 間]  10:0011:30(受付9:30~)

[講 師]  榎本 真宏先生

[トピック] 知っておきたい子どものアレルギーについて小児アレルギー専門医が分かりやすくお話しします

[会 場]  サミティヴェート病院シラチャー C棟4階

[その他] お子さん同伴可能です

[申し込み] 右のリンクをクリックすると申し込みフォームが開きます http://bit.ly/38az9tt

 

 

121日(火)

小児アレルギー個別相談(シラチャー)

[時 間]  13:00~15:00(うち一枠あたり15分間)

[担 当]  榎本 真宏先生

[トピック] 普段お子さまのアレルギーについて気になっていること、たずねてみませんか

[会 場]  サミティヴェート病院シラチャー 12階 日本人外来フロア

[その他] 口頭相談のみで診察・薬処方はありません。先着順です。当個別相談は、お子さんの同伴は必ずしも必要ではありません。お申し込み頂いた順に時間を当方で決定し、折り返しご連絡を差し上げます。

[申し込み] 右のリンクをクリックすると申し込みフォームが開きます http://bit.ly/2LBSl9X

 

講師紹介

榎本 真宏先生 (愛仁会高槻病院)

神戸大学医学部博士課程修了。日本アレルギー学会専門医。日本新生児学会専門医。小児アレルギー、新生児分野の臨床専門医として第一線で活躍する一方、神戸大学医学部小児科や世界的に高名なカナダのトロント小児病院などで行なっている小児医学研究分野でも数々の表彰を受けている。

 

榎本 未織先生 

東京慈恵会医科大学、ハーバード大学大学院卒業。医学博士、日本小児科学会認定小児科専門医。大学病院で、多くの子どもの患者さんと出会う中で、日々の診療で得たことをもっともっと未来の患者さんにも役立てるためには医学研究も大事と考え、一念発起して米国のハーバード公衆衛生大学院に留学。帰国後は京都大学を経て、現在は兵庫医科大学において、子どもの健康に関する研究を精力的に行うと共に、子どもが健康に幸せに育つための活動にも取り組んでいる。プライベートでは子育て奮闘中の一児の母。