Share the message

【タイの10月は要注意】~サミティヴェート病院スクムビットの日本人デング熱罹患者数

タイ国保健省の発表によると、2019年1月1日~9月16日までの期間において、デング熱の感染者はタイ全国で89,157人、死者数は97人、バンコク都内では感染者が6,164人、死者数は3人となっています。

都心に住んでいても発症する、いわば身近な熱帯病。今回は当院での「日本人のデング熱罹患者数」からデング熱を見てみたいと思います。

デング熱とは

ネッタイシマカやヒトスジシマカが媒介するデングウイルスの感染により起こる疾患です。蚊からヒトへ、ヒトから蚊への感染環を形成し感染が拡がります。

軽症のときはデング熱とよばれる一過性熱性疾患の症状を呈し、1週間ほどで後遺症もなく回復しますが、重症化すると血漿漏出と出血傾向を示すデング出血熱となります。重症化は熱が下がり平熱になりかけたときに起こるので注意が必要です。

 

日本人のデング熱患者数が増加中

サミティヴェート病院スクムビットにおける日本人の2017年1月~2019年9月の日本人デング熱罹患者数を在タイ日本国大使館の古市医務官に協力を頂き、集計しました。

 

年間の総罹患者数は

27名(17年)、49名(18年)、27人(19年9ヶ月間)。

 

9月末までの罹患者数を比較すると

14名(17年)、25名(18年)、27人(19年)。

 

2019年9月末現在、デング熱の日本人罹患者数が例年より多い傾向があります。

他院で診断された方も含めますと実際はこの数以上の方が罹患していると思われます。

さらに、この2年はピークが10月となっていますので、今年もこれからの時期、要注意です。

 

壮年期男性は注意

2017年1月~2019年9月のデング熱罹患者の男女比は男性70%、女性30%でした。

また、年代別で患者が多かったのは40代、次いで30代でした。 輸血を要したケースは1件であったものの、死亡例はありませんでした。

さらに、60%以上が入院して管理が必要と判断されていました。

 

ヒトスジシマカは日中に吸血活動が活発になる昼行性ですが、早朝と夕方が最もリスクが高いのが特徴。

壮年期の男性は、この時間帯に屋外での活動量が多いため罹患リスクが高いのではないかと推測されます。

デング熱について知っておきたいこと

  1. 雨季に流行る。特に雨季終盤に多発する。バンコクでもかかる。
  2. 蚊に刺されないことが唯一の予防法。特効薬はない。軽症例では解熱剤などの対症療法を行う。重症例では点滴や輸血が必要となる場合がある。
  3. アスピリン系の解熱剤(バファリンなど)はライ症候群や出血傾向を高めるので使用できない。タイで高熱が出たらためらわず医療機関を受診して適切な治療を受ける。

確認しておきましょう

とにかく予防が大切な病気です。デング熱を媒介する蚊は日中に活動します。蚊に刺されないように細心の注意を払いましょう。

  1. 網戸・ドア、部屋の中を確認。部屋に蚊が入ってくる隙間や穴はありませんか?部屋の中の花瓶や、観葉植物のトレイ、排水管など、水が溜まる場所はありませんか?
  2. ベージュや薄いグレイなど薄い色の服を選ぶ。蚊は明るい色の服を好んで集まる傾向があるとされています。できればナチュラルカラーの長袖・長ズボンを身につけ、靴下をはきましょう。
  3. 蚊よけグッズの購入。タイには大抵のスーパーで虫除けの商品が販売されています。蚊取り線香や虫除けスプレーはもちろんのこと、日本でもよく目にする、部屋で使う液体タイプのベープもあります。お子さんには、服に貼るタイプの虫除けシールや腕につける虫除けリングも。大きな子ども用品店で見つかります。
  4. 虫除けスプレーの塗り方の確認。日焼け止めを先に塗り、虫除けスプレーをその後に。また汗は、塗った虫除けスプレーの効果を薄めるだけでなく、蚊をよせつけてしまいます。汗をかいたら汗を流して、もう一度蚊よけスプレーをつけましょう。
  1. 屋外で活動する際には、特に足元に注意。アウトドアの席を設けているレストランでは、虫除けスプレーや蚊取り線香を置いてあるとことがほとんどですので、店員さんに聞いてみましょう。

蚊よけスプレー(สเปรย์กันยุง)はありますか?

ミー・スプレー・ガン・ユン・マイ(カ/カップ)?

 

蚊取り線香(ยาจุดกันยุง)はありますか?

ミー・ヤー・ジュット・ガン・ユン・マイ(カ/カップ)?

 

デング熱の感染に気を付けたいのは、子ども、慢性病にかかっている人、高齢者とされています。

しかしながら統計上はタイではデング熱に感染し症状が出る人の8割が5歳~34歳と報告されており、今回ご紹介した当院の統計の傾向とも一致しています。

働く世代も注意が必要な熱帯病です。

 

参考文献:

デング熱について – 厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html

Ministry of Public Health Thailand, Department of Disease Control-สถานการณ์โรคไข้เลือดออก ประจำสัปดำห์ที่ 37 ปี 2562(ข้อมูล ณ วันที่24 กันยำยน 2562)

Rate This Article

User rating: 3.89 out of 5 with 9 ratings