Share the message

バンコクでも元気な人ほど要注意!? 40代から気をつけたい脳の病気と心疾患

バンコクでも元気な人ほど要注意! 40代から気をつけたい脳の病気と心疾患

日本人の死因は、1位がん、2位心疾患、3位肺炎、4位脳の病気、5位老衰の順です。

これは厚生労働省の発表による5大死因ですが、これらを調べてみると、2位と4位は、心臓と脳の「血管の病気」です。心臓の血管が詰まれば心筋梗塞になり、脳の血管が詰まれば脳梗塞になります。

3位の肺炎と5位の老衰で亡くなる人の大半は寝たきり生活だった高齢者ですが、寝たきりになる最大要因は、「脳の血管の病気」と言われています。

血管の病気の原因は動脈硬化が進むこと。

高血圧の人が「血圧を下げなさい」と言われるのは、「血圧を下げないと、血管の内側がダメージを受けて動脈硬化が進みますよ」という意味です。そのリスクを防ぐのは、食事・運動・ストレス対策などの生活習慣の改善、そして定期的な健康診断です。

ここバンコク・サミティヴェート病院スクムビットでも、年に数件、働き盛りの方が心筋梗塞や脳出血で運ばれてきます。

年中暑く、ストレスもたまりやすいタイでの駐在生活。元気な人ほど要注意、自分の健康を過信せず、予防していきましょう。今回は、脳の病気と心疾患を取り上げます。

 

脳の病気

働き盛りの世代が気をつけるべき脳の病気は、血管の老化にともなう脳出血と脳梗塞。脳出血は文字通り「血管が破れる(脳出血・クモ膜下出血)」こと、脳梗塞は「血管が詰まる」ことによる疾患。

病態にもよりますが、脳出血は死亡率も高く、特にクモ膜下出血の3分の1は急死してしまうと言われています。脳梗塞も脳出血もできるだけ早く治療を開始しなければ身体に後遺症が残ることが多くあります。

o 脳梗塞の4つの警鐘(F.A.S.T.)

顔の麻痺(Face)、腕の麻痺(Arm)、ろれつが回らない(Speech)などの症状が出たら、脳組織が壊死に陥るまでに4時間30分しか時間がありません(Time)。

病院での検査・治療時間を考えると、発症から3時間以内で病院に到着するのが理想です。

o 脳梗塞に対するt-PA治療(血栓溶解療法)

サミティヴェート病院スクムビットでは、 24時間365日対応可能。

  •  発症から3時間以内に治療を開始できる適応症例のみ
  •  脳内にできた血の固まりを薬で溶かして血流を再開する治療法
  •  迅速な診断と治療開始が、後遺症を残さず症状改善のために最も有効

o 脳ドック

脳内を、しっかり見て、じっくり調べる「脳ドック」のご案内です。

自覚症状がなくてもまず検査を!40代で3人に1人に見つかる「隠れ脳梗塞」。年次健康診断と併せての受診をお勧めします。

詳細・ご予約はこちらからどうぞ!

健康診断センター/年次健康診断・人間ドック

(By Jitlada Samajarn, M.D.)

 

心疾患

心疾患は日本人の死因でがんに次いで2番目の病気です。少し前までは60歳以上での発症が中心でしたが、最近は高血圧やコレステロールの治療が不十分な40歳前後からの発症が増えています。心臓病にはたくさんの種類がありますが、よく見られるのは「冠動脈が狭まって血液の流れが悪くなって起きる狭心症」、同じく「冠動脈が詰まって起きる心筋梗塞」などです。

心筋梗塞は胸に激しい痛みが起こり、冷や汗や吐き気をともなうこともあります。(高齢者や糖尿病患者は無痛性のこともあるので注意が必要。) 一刻も早い診断と治療が重要です。カテーテルによる治療を受けることができれば、死亡率をかなり抑えることができます。

o 心筋梗塞に対するPCI治療(経皮的冠動脈形成術)

サミティヴェート病院スクムビットでは、 24時間365日対応可能。

  •  カテーテルという細い管を心臓冠動脈まで入れて、

せまくなったり、ふさがった血管を広げて血流を再開させる治療法。

o 心臓病の危険因子

コントロールできない危険因子

加齢(40歳以上/閉経した女性)、性別(男性に多い)、遺伝的要素などがあります。

コントロールできる危険因子

高血圧や動脈硬化など様々ありますが、まずは生活習慣を見直してみましょう。

水分を十分にとる

水分が不足すると血液がドロドロになり心臓発作を起こしやすくなります。特に暑いタイ・バンコクでは外出すると暑く、家の中ではエアコンで乾燥。知らずに水分不足になっています。こまめにお茶や水を飲みましょう。

疲れをためない

禁煙は基本中の基本です。が、忙しいと食事のバランスが崩れ、アルコールやたばこの量が増えていませんか。忙しい時ほど心臓や血管に大きな負担となります。

夜更かしをしない

睡眠不足が続いている時に発作に注意。若いころと同じように夜更かしは身体へのダメージが大きいので注意しましょう。

緊張はほどほどに

ゴルフのパットやティーショットの時に緊張して息を止めると一時的に血圧が上がって心筋梗塞を起こす人がいます。深呼吸をしてリラックスしましょう!

o 健康診断

自覚症状がなくてもまず検査を!心臓が気になる方は年次健康診断と併せて「心臓負荷心電図」もしくは「運動負荷心臓超音波検査」の受診をお勧めします。

詳細・ご予約はこちらからどうぞ!

健康診断センター/年次健康診断・人間ドック

(By Mann Chadavimol, M.D.)

Rate This Article

User rating: 4.75 out of 5 with 4 ratings

おすすめの医師

Jitlada Samajarn, M.D. Summary: 内科 Neurology
Mann Chandavimol, M.D. Summary: 内科 Internal Medicine