Share the message

【タイ在住 ママさん必見!】サミティヴェート病院の出産サービスについて

タイで初めてのマタニティライフ。

これからの出産に漠然とした不安を抱いている方、ご安心ください!

 

サミティヴェート病院スクムビットでは年間約200人の日本人の赤ちゃんが生まれています。

病院が日本人居住区から近いことに加えて、日本人のニーズを理解した国際レベルの産婦人科と新生児科チームと設備があること、そして、日本人向けのサービスが充実していることが当院の特徴として挙げられます。

 

そんなサミティヴェート病院スクムビットの、出産に関する日本人向けのサービスをご紹介します。

※「2018年サミティヴェート病院スクムビットの出産パッケージ」の費用に関してのご案内いたします。

専門医によるサポート

妊娠中の健診は担当医が、

重要な週数時の超音波検査は胎児画像診断の専門医が、時間をかけてじっくり行います。

 

また、近年増えているハイリスク妊娠。(※1)経験豊富なハイリスク妊娠管理専門医が複数在籍しています。ハイリスク妊娠と言われたら、専門医のアドバイスに従いながら、適度にリラックスしてバンコクでのマタニティライフを過ごしましょう。

 

さらに、当院は24時間365日救急対応です。夜間も産科医、新生児科医、麻酔科医、外科医などが当直。

早産児や低出生体重児などの赤ちゃんを治療する新生児集中治療室(NICU)も備えています。

 

※1高齢妊娠、多胎妊娠、持病のある方の妊娠、赤ちゃんが小さめなど、母子にリスクのある妊娠・出産のこと

オリジナル母子手帳

タイの母子手帳は別名「ワクチン手帳」とも言われ、生まれた赤ちゃんの予防接種の記録を残すのが主な目的。一方、日本で使われている「母子手帳」はその名の通り、妊娠しているお母さんの健康状態や妊娠状況の記録から始まり、出産、赤ちゃんの予防接種、そして6歳になるまでの成長の記録が残せます。

 

サミティヴェートでは「株式会社母子保健事業団」から許可を得て、日本の母子手帳の内容にさらに、

タイ医療事情や医師の意見を取り入れた、日英併記のオリジナル母子手帳を作りました。

 

タイには、日本のような公的な乳幼児健康診断の制度はありませんが、日本と比較すると、割と小さな時から頻繁にワクチン接種をするスケジュールが推奨されていますのでその予防接種の時に、小児科の先生とお子さんの発育状況や健康の相談をしてみると良いと思います。

LDR分娩室

日本で出産された方から、「陣痛中は陣痛室で他のママたちと一緒に痛みを耐えながら過ごし、

子宮口が開きいよいよ出産!となった時に歩いて分娩室まで移動するのが大変だった~」

というお話を伺うことがあります。

 

当院では陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)の各ステージを、部屋を移動することなく1つの個室で過ごすことができます。

 

分娩室は全部で5部屋。

 

そのうち2部屋がアクティブバース室と呼ばれ、好きな姿勢での陣痛・分娩が可能。水中分娩用バスタブには、お湯をはって陣痛中に浸かることもできますので、ぜひ試してみてください。

チェア、はしご、いきみ綱(天井から下がっています)、バランスボールなども置いています。

3部屋は、医療用のベッドを備えた、通常の分娩室です。

 

無痛分娩をご希望の方はこちらの部屋で麻酔をして出産します。

 

多くの日本人ママをサポートしてきた分娩室のナースたちは単語レベルの日本語が可能。

自分のお産がいまどこまで進んでいるのかや、無痛分娩に切り替えたい、など質問や希望があればまずはナースに伝えてみましょう。

 

また医師が許可すれば、どのタイプの分娩室でも、お子さまを含めたご家族の立ち会いができます。

母乳育児を支援

1999年、WHOとユニセフから「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を受けました。

分娩後、できる限り早くから母子の肌と肌との接触と授乳を促進。入院中も母子同室で、赤ちゃんがおっぱいを飲みたい要求に合わせて授乳を行います。

こちらの母乳育児の手引きもご覧ください

母乳育児の手引き

へその緒入れ

生まれたての赤ちゃんは、へその緒がついています。赤ちゃんがお腹の中でお母さんと繋がっていた証しですね。へその緒は生後しばらくはきちんとお手入れしてあげる必要があります。退院の時にナースがお手入れの方法をお教えしますのでご安心ください。数日すると乾燥してポロっとへその緒が外れます。

 

日本以外の国では赤ちゃんのへその緒をとっておく習わしはあまりないそうですが、私たち日本人には昔から、赤ちゃんのへその緒を大切に保存しておく文化があります。当院では、タイで生まれた日本人の赤ちゃんのために、退院時にタイらしいへその緒入れをお渡ししています。

日本人ナースコーディネーター 

最後に、タイに在住して妊娠・出産・育児する方の、心強い味方を紹介します!

髙田 智子

日本の看護師・保健師の資格を保有しています。当院では、主に母子保健を担当しています。

 

現在は平日のみですが、出産後の日本人の皆さんのお部屋に伺いますので、赤ちゃんのお世話や授乳の仕方、お母さん自身の身体のことなどについても不安なことや心配なこと、日タイの違いに戸惑う時などは、お気兼ねなくご相談ください!

2018年サミティヴェート病院スクムビットの出産パッケージ

新しい命の誕生を応援する、当院の出産入院コースです。

35週目を目途に、担当医と相談してお申し込みください。

※2018年12月31日までに出産される方対象

自然分娩3泊

(72時間)

帝王切開4泊

(96時間)

89,900 THB

119,000 THB

※母体もしくは赤ちゃんにリスクのある出産の場合はパッケージの利用ができないことがありますので主治医にご相談ください。

※パッケージの費用は事前の予告なく変更されることがあります。

出産入院説明会

出産にあたっての、諸手続きやご提出頂く書類などについての説明会を日本語で定期的に開催中。

ご夫婦で、お子様連れで、お気軽にどうぞ。

2018年 出産入院説明会(スクムビット)

最後に

いかがでしたでしょうか?

海外での出産は不安があるかもしれませんが、日本人向けのサービスが充実していることが当院の特徴です。

サミティヴェート病院にてご出産を検討してみませんか?

Rate This Article

User rating: 3.81 out of 5 with 31 ratings